将棋放送用アプリケーションの改善

どもTOKKOです。

今作成中のアプリケーションの展望について備忘録として残します。
現在、座標取得完了
相手ID名の座標をマスクすること完了

問題点
リソースを毎回生成して描画しているためちらつきがある
リソースの生成→解放のloopのためと考えられる
急に目的の機能が使えなくなる???

今後やること
画面が移動したことをキーとして描画処理を行う
ウインドウの移動イベントを検知することで描画処理を少なくしちらつきを改善
無限loopの外にリソース生成、解放を入れることで改善できるかも

将棋倶楽部24のJAVAアプリについて
ラベルとか普通のコントロールぽいかも
moveとかできそう
アプリケーション内部のラベル座標をいじれるならという荒業w
最終手段かも

ニコ生に来ていただき、アドバイスをくれた皆様に感謝!

基本的にwinのイベントは細かいところまで用意されているのでいろいろできるかも

以下アプリケーションで相手ID名をマスクしたやつ
image1.jpg

"将棋放送用アプリケーションの改善"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: