将棋放送用アプリケーションの改善

どもTOKKOです。

今作成中のアプリケーションの展望について備忘録として残します。
現在、座標取得完了
相手ID名の座標をマスクすること完了

問題点
リソースを毎回生成して描画しているためちらつきがある
リソースの生成→解放のloopのためと考えられる
急に目的の機能が使えなくなる???

今後やること
画面が移動したことをキーとして描画処理を行う
ウインドウの移動イベントを検知することで描画処理を少なくしちらつきを改善
無限loopの外にリソース生成、解放を入れることで改善できるかも

将棋倶楽部24のJAVAアプリについて
ラベルとか普通のコントロールぽいかも
moveとかできそう
アプリケーション内部のラベル座標をいじれるならという荒業w
最終手段かも

ニコ生に来ていただき、アドバイスをくれた皆様に感謝!

基本的にwinのイベントは細かいところまで用意されているのでいろいろできるかも

以下アプリケーションで相手ID名をマスクしたやつ
image1.jpg


この記事へのコメント

  • PC-8001

    昨日お邪魔したものですw
    気になったのでこちらでも検証した(24のIDがないのでDOJOのログイン画面でのものですが)ところ
    ShowWindow(hWnd, SW_HIDE);で普通に消えてくれました

    が 自動で探して消すのにはかなりてこずりまして
    FindWindow→EnumChildWindows→GetWindowRect→ScreenToClient→ShowWindowといった流れになるかと思います
    C#+WPFでよければ ク/ソコードを送りますww
    ではでは
    2016年03月11日 22:48
  • TOKKO

    >PC-8001さん

    どうもTOKKOです。
    先日はいろいろ教えていただき本当に助かりました!
    なるほど…HIDEで隠す方が遥かにわかりやすいですね!
    ゆくゆくはフォームアプリケーションとして作る予定ですので
    もし今度放送に来ていただいたときにでもコードが欲しいです笑

    一応Skype垢もニコ生のコミュニティに記載していますので
    よろしければお友達になっていただけると嬉しいです!
    また放送やSNSで会えることを楽しみにしています。
    本当にありがとうございます!
    2016年03月14日 02:45